電話代行を利用すれば人件費削減に成功する

営業状況を管理する

男性

営業マネージャーにとって、顧客データや商談内容の把握は、とても重要なのですが、営業個人の力量に頼るところが大きいのも現実問題としてあります。こういった問題を解決し、営業担当の活動を可視化して、各案件の状況を把握しやすくして、適切なアドバイスなどができるように、何らかの商談管理をする必要があります。この商談管理はシステムとして、各種販売されており、それぞれ特色がありますので、どのような製品を選ぶかは重要になります。その選定のポイントとしては、いくつかありますが、まずは商談管理を利用して、何をしたいかということを明確にすべきなのです。顧客管理や商談の状況などを営業個人に頼っている場合には、それを一覧化し、進捗状況が簡単に把握できる製品を選ぶと良いです。また商談の進捗状況に応じて、適切にアドバイスしたいということであれば、進捗状況を数値化できるような仕組みを持った商談管理システムが適しています。そして課題としてよく上がるのが、営業ごとに成績が大きく違った場合に、トップ営業の活動を分析したいというものです。商談管理システムの中では、営業の活動分析機能が搭載されている製品もありますので、それを選択すると良いです。また最初のうちは分析結果を適切にアドバイスすることも難しいので、コンサルティングも合わせて実施できる製品を選ぶという手段もあります。このように商談管理は、営業個人の能力を分析するだけではなく、適切なアドバイスなども可能なので、何を行うのか、明確に決めてから製品を選ぶべきなのです。