電話代行を利用すれば人件費削減に成功する

レジ業務をレベルアップ

レジスター

人材確保・育成を効率化

スーパーマーケットやホームセンターなどの小売店にあっては、レジ業務に係る人材の確保と教育は重要な経営課題の1つです。レジスタッフは、店舗ビジネスの核となる会計業務を担当します。そればかりでなく、セルフサービス式の店舗においては客と直接対面するほとんど唯一のスタッフであるため、商品に関する問い合わせやクレームなどにも対応しなければなりません。正確な事務遂行能力と高いレベルのコミュニケーションスキルの両方が求められる仕事です。近年では、多くの店舗がレジアウトソーシングを利用してスタッフの確保を図るようになっています。レジアウトソーシングはレジ業務担当者を専門に派遣するサービスですが、単なる人材派遣というよりはその店舗におけるレジ業務全般を受託するという性格を有しています。多くの店舗がレジアウトソーシングを利用している理由は、時間とコストを節約できる点にあります。基本的な接遇マナーはもとよりレジ機器の操作、商品知識などをスタッフに対して教育するには、非常に手間がかかります。そのうえ、休暇や突発的な欠勤等があっても過不足なく人員を確保できるようシフトを組むのも、決して簡単な仕事ではありません。しかしレジアウトソーシングに依頼すれば、専門業者側がトレーニングを行った、即戦力として活躍できるスタッフをすぐに現場に配置することができます。また、シフト編成についても業者が責任をもって行います。現金不足等の事故が発生した場合の補償も受けられるため、経営リスクの低減にも役立ちます。