電話代行を利用すれば人件費削減に成功する

営業を助けるシステム

握手

見込まれる効果などは

SFAとは、Sales Force Automationの略で、日本語では営業支援システムと訳します。営業という業務は属人性が高いものなので、個々の営業職員の営業スキルによって業績が大きく左右されてしまいます。この場合、成績の良い営業職員がいるときには良くても、離職や転勤でその職員がいなくなってしまうと一気に問題が発生する可能性があります。その問題を未然に防ぐために導入するのがSFAです。様々な企業が取り扱っていますが、標準的なものは、顧客データベースがあって、そこに営業履歴や商談・コンタクトをとった内容などを積み重ねていきます。これにより、顧客と自社との関係性や今後の進め方などを共有することができます。SFAを導入すると、それまで個人プレーであった営業がチームプレーになるため、例えば担当者が対応できない場合でも他の社員が対応可能になります。担当の営業が不在の場合は何もできないというのがそれまでの常識であっても、誰でもほぼ同じ対応が可能になれば顧客満足度は大幅に上がります。SFAは、CRMの一つとして考えられることが多いです。CRMとは顧客関係管理の略で、顧客に関するあらゆることをデータベース化し、長期的に優良顧客へとつなげていくものです。しかし、いきなりCRMを導入するのは難しいケースもありますし、CRMよりもSFAの方が自社に合っているというケースも考えられます。導入にあたっては、十分に検討の上、複数社から提案を受けるなどしていきましょう。